蕎麦の健康成分>
蕎麦は沖縄と北海道北部の一部を除く日本各地で栽培され、生活習慣病を防ぐ栄養素をたっぷり含むため、とても注目されている健康食です。
食物繊維で便秘にも有効
蕎麦に含まれる栄誉素の代表格が、でんぷんを主体としたたんぱく質です。特に体内で作ることができない「必須アミノ酸」を豊富に含んでいることが特徴。また、多く含まれるのが「ヘミセルロース」という食物繊維です。
動脈硬化や高血圧予防に
そして最近注目される蕎麦の栄養素が、穀物類では蕎麦だけに含まれるポリフェノールの一種「ルチン」です。ルチンは、血管を強化し血圧を下げる働きがあるとされ、動脈硬化や高血圧予防に期待されているビタミンPの一種です。蕎麦は他にも肝臓を守るコリンや、ビタミンEビタミンB1ビタミンB2などのビタミン類も豊富に含んでいます。
蕎麦湯はぜひ
蕎麦に含まれる栄養素は、水溶性の栄養素が多いのも特徴。ですから、蕎麦を食べた後に出される蕎麦湯には蕎麦の栄養素がたっぷり溶け出しています。
Copyright (c) 2008 KOSHIKIAN. All Rights Reserved.